「素形材/成形材」

素形材/成形材一覧

  • 対象件数59
  • 表示件数:
  • 工業用セラミック製品(ファインセラミック)

    特殊な形状だけど… 少量だけ欲しいけど… できるだけ安価なものが… 上記悩みでセラミック製品をお探しの方はお問い合わせ下さい!

    IBPテクノロジー(株)

  • テクニカルセラミックチューブ

    米国マクダネル社は、90年以上の経験と開発力により、テクニカルセラミックのリードカンパニーとして、高品質のセラミックチューブを作り続け、マクダネルセラミックは、世界中のあらゆる分野で、幅広く応用・使用されています。

    IBPテクノロジー(株)

  • 産業機械 プラント配管 CADサポート

    【設計業務】  産業機械、プラント設備:   計画図/組立図/詳細図/スプール図   構造計算、現場調査、3次元測量 【図面データ化】   手書き図面を2D、3DデータにCAD化。   大量図面も対応可能。 【使用ソフト一覧】   2次元CAD:CADSUPER、AUTOCAD   3次元CAD:ICAD_SX   構造計算:midas  他 【お問い合わせ】 URL:https://www.masaki.co.jp/ TEL:0439-54-6500 設計事業Gr営業課:佐藤

    (株)正木設計

  • 金型部品加工 ― 丸物高精度加工

    窒化 表面処理 KH材を適用した金型で、金型寿命を延ばしましょう。 丸物の高精度加工 短納期 工具寿命を大幅に延ばします。

    鋼鈑工業(株)

  • 窒化・バイメタリック可能…射出成型機用シリンダー

    プラスチック成形材料に含まれる金属粉やガラス繊維、難燃材やマグネット、ファインセラミックなど、複雑化、多様化するプラスチックの射出・押出成形機用シリンダには、耐摩耗性や耐腐食性などの性能が求められています。当社が培ってきた材料技術、加工技術で多くの納入実績を持ち、各ユーザー様から好評を頂いています。 設備担当者様のあらゆる「困った」に技術の高度化、製品の高品質化をテーマに、対応します。

    株式会社マーテック

  • 簡単に早く…セラミックパテ施工

    ・現場での施工可能!(出張費別途)・セラミックパテ単体での販売も可能!・母材支給で弊社での施工も可能! とにかく一度試してみませんか? 炭化珪素セラミック粒と高性能樹脂を配合したライニング剤で、複雑な形状の部分の耐磨耗剤として研究、開発されたセラミック粒子入りの耐磨耗補修剤を使用します。 適用…あらゆる耐磨耗対策に 1. 炭化珪素セラミック粒(硬度1300〜1400)で素晴らしい耐磨耗性を発揮。 2. ベース剤が粉末状でライニング施行が簡単。 3. 天井の様な場所でも垂れることなく、コテ、ヘラでライニングができます。 4. 常温で硬化し優れた接着強度を発揮します。 5. あらゆる形状箇所に耐磨耗ライニングできます。 現地施工も可能な上に、パテ材の販売も行っております。部分補修やチップライニングの難しい箇所への使用に最適です!

    株式会社マーテック

  • 『超撥水・超親水化技術のメカニズムとコーティング剤による表面改質技術および撥水性評価』

    本講座では、超撥水・超親水化技術のメカニズムから、材料・素材の表面にコーティング加工による改質膜を形成させることでの新規な機能性を付与させる薄膜技術、接触角に関する基本事項と、撥水性の評価における注意点までがしっかり学べます。

    株式会社AndTech

  • 『無料データベース・ツールを活用した特許調査・分析&文献調査・分析テクニック』

    本講座では受講者の皆様にPC演習(データベース演習、Excel・PowerPoint演習など)を通じて、特許情報だけではなく文献情報も含めた調査・分析テクニックを体得していただくことを目的としております。

    株式会社AndTech

  • 『プラスチック製品・フィルムのIR分析の基礎とスペクトルの読み方』

    本講では、分析に最低限必要な基礎原理、スペクトルの読み方のコツ、試料の前処理などの分析テクニックについてお話します。

    株式会社AndTech

  • トヨタ工場見学付『日本のものづくり産業の行方と生活自立立国日本の構築』~自動車・エネルギー産業を中心に~

    この講座は、日本の産業界の将来を先見の目で解析し、国内企業に生き残るための改革の指針を提言するものである。

    株式会社AndTech

  • 『導電性高分子の基礎と重合技術と固体電解コンデンサならびに電子デバイスへの応用展開』

    まず、高機能ポリピロールならびにポリエチレンジオキシチオフェンを実現するための手法についてデータに基づき解説する。次に、それらを用いた固体電解コンデンサの実用化ならびに優れた特長を紹介する。さらに、導電性高分子が今後期待される応用分野についても触れる。

    株式会社AndTech

  • 『LED用封止材料の劣化と対策および信頼性設計・評価法』

    本セミナーでは、LED及びその封止方法に関して解説し、LEDの信頼性の特徴、寿命評価に関する標準化の動きを述べ、LEDシステムの信頼性設計では寿命の統計的データが重要であることを述べます。

    株式会社AndTech

  • 『基礎から学べるエポキシ樹脂硬化剤Q&A講座』

    前回好評だったため、第2回目の開催が決まりました。 各種エポキシ樹脂硬化剤の基礎から応用までをQ&A形式で学べます。 耐熱性、耐薬品性、対衝撃性など、性能別に細かく理解できます。

    株式会社AndTech

  • 『太陽電池構成材料の開発と電気絶縁性設計・試験評価の勘所』

    本セミナーでは、求められる太陽電池バックシート特性!電気絶縁性!耐久性!封止材との接着性!を述べ、技術改善策を各講師からご提案いたします。

    株式会社AndTech

  • 『改正化審法と最新【欧米中】化学物質規制情報、企業対応のポイント』

    本セミナーでは、化審法改正情報をはじめ、海外規制(EU REACH規則 11月30日に最初登録期限、CLP規則の届出が12月、中国REACH法、台湾の既存物質登録が6月)について、必要な情報をご提供する予定です。事前の内容リクエストも受け付けます。

    株式会社AndTech

  • 『国際化時代のポリエステル樹脂総合分析 』

    【刊行にあたって】 本書は官庁,業界団体のデータを徹底的に整理・分析,緻密な業界取材を行い,既存データでは得られなかった情報も数多く収録した。日本の飽和ポリエステル樹脂市場は成熟しているが,アジアの発展が目覚しく,海外情報が豊富なことも本書の大きな特徴である。  飽和ポリエステルに関わる多くの方々のお役に立てると確信している。

    株式会社AndTech

  • 『高分子制振材料・応用製品の最新動向 II』

    【刊行にあたって】 1997年に「高分子制振材料・応用製品の最新動向」として出版させて頂いた。(同書は2004年に普及版「高分子制振材料と応用製品」としても発行された)その後,技術的進歩による新しい材料,技術が登場してきている。  こうした背景もあり,また皆様から更新を希望する声も頂いたこともあり,今回,改訂版を出版する運びとなった。本書は内容的には前回とほぼ同じ分類に従って最近の進歩を入れる方針で編集されている。必ずや研究開発,設計技術をはじめ関連分野に携わる皆様のお役に立てるものと確信している。皆様のご活用を心から期待している。

    株式会社AndTech

  • 『ポリマー系ナノコンポジットの新技術と用途展開』

    【刊行にあたって】 本書『ポリマー系ナノコンポジットの新技術と用途展開』はナノコンポジットの最新の情報をいち早く読者に伝えるために刊行されたものである。本書はこの分野における最新の状況を総括的に網羅していると思われるので,直接ナノコンポジット研究に携わっておられる方々のみならず,他分野の研究者,技術者,そしてこれからのポリマー系ナノコンポジット材料の研究・開発に関心を持っておられる方々にとっても必ず役立つものと信じている。

    株式会社AndTech

  • 『バイオプラスチックの素材・技術最前線』

    【刊行にあたって】 バイオプラスチックの最新の動向を概観し(総論),次いで個別素材の実用化動向の詳細を示した(第1編)。  数あるバイオプラスチックの中でも,コストとパフォーマンスにおいてもっとも技術開発が進展し,事業化・実用化が進んでいるのはポリ乳酸である。 2000年代初頭に至り,結晶化速度の飛躍的向上による耐熱性付与や成形加工性の向上,また耐加水分解性の改良による耐久性付与技術の開発などにより汎用プラスチックとしての可能性が見出され,様々な成形加工/製品分野で実用化が始まった。しかしながら,未だ未解決の課題もあり,第2編では主として企業の第一線でご活躍の技術者の方々に,ポリ乳酸の高性能化・高機能化に向けた技術開発の現状を,また第3編ではポリ乳酸の成形加工技術の最新の研究成果をご開示いただいた。各位のご期待に沿えれば幸いである。

    株式会社AndTech

  • 『有機-無機ナノハイブリッド材料の新展開』

    【刊行にあたって】 最近の有機-無機ナノハイブリッド材料に関する研究,技術開発の展開をまとめることとした。ハイブリッド材料の基本から応用までということを目指し,本書の構成は,有機-無機ナノハイブリッド材料の合成法,工業的利用が検討されているクレイを無機成分としたハイブリッド材料,新しいナノビルディングブロックとして注目されているシルセスキオキサンを用いたハイブリッド材料,無機成分としての金属ナノ粒子の利用,さらにハイブリッド材料の実際の工業的応用例,将来への展望,となっている。  有機-無機ナノハイブリッド材料に興味をもつ研究者,技術者にとって,本書の内容がきっかけとなり,次世代の分子複合材料が次々と開発されることを強く願っている。

    株式会社AndTech

カテゴリ内でキーワード検索