「刃具」

刃具一覧

  • 対象件数74
  • 表示件数:
  • 産業機械 プラント配管 CADサポート

    【設計業務】  産業機械、プラント設備:   計画図/組立図/詳細図/スプール図   構造計算、現場調査、3次元測量 【図面データ化】   手書き図面を2D、3DデータにCAD化。   大量図面も対応可能。 【使用ソフト一覧】   2次元CAD:CADSUPER、AUTOCAD   3次元CAD:ICAD_SX   構造計算:midas  他 【お問い合わせ】 URL:https://www.masaki.co.jp/ TEL:0439-54-6500 設計事業Gr営業課:佐藤

    (株)正木設計

  • 窒化・バイメタリック可能…射出成型機用シリンダー

    プラスチック成形材料に含まれる金属粉やガラス繊維、難燃材やマグネット、ファインセラミックなど、複雑化、多様化するプラスチックの射出・押出成形機用シリンダには、耐摩耗性や耐腐食性などの性能が求められています。当社が培ってきた材料技術、加工技術で多くの納入実績を持ち、各ユーザー様から好評を頂いています。 設備担当者様のあらゆる「困った」に技術の高度化、製品の高品質化をテーマに、対応します。

    株式会社マーテック

  • 『無料データベース・ツールを活用した特許調査・分析&文献調査・分析テクニック』

    本講座では受講者の皆様にPC演習(データベース演習、Excel・PowerPoint演習など)を通じて、特許情報だけではなく文献情報も含めた調査・分析テクニックを体得していただくことを目的としております。

    株式会社AndTech

  • トヨタ工場見学付『日本のものづくり産業の行方と生活自立立国日本の構築』~自動車・エネルギー産業を中心に~

    この講座は、日本の産業界の将来を先見の目で解析し、国内企業に生き残るための改革の指針を提言するものである。

    株式会社AndTech

  • 『国際化時代のポリエステル樹脂総合分析 』

    【刊行にあたって】 本書は官庁,業界団体のデータを徹底的に整理・分析,緻密な業界取材を行い,既存データでは得られなかった情報も数多く収録した。日本の飽和ポリエステル樹脂市場は成熟しているが,アジアの発展が目覚しく,海外情報が豊富なことも本書の大きな特徴である。  飽和ポリエステルに関わる多くの方々のお役に立てると確信している。

    株式会社AndTech

  • 『ポリマー系ナノコンポジットの新技術と用途展開』

    【刊行にあたって】 本書『ポリマー系ナノコンポジットの新技術と用途展開』はナノコンポジットの最新の情報をいち早く読者に伝えるために刊行されたものである。本書はこの分野における最新の状況を総括的に網羅していると思われるので,直接ナノコンポジット研究に携わっておられる方々のみならず,他分野の研究者,技術者,そしてこれからのポリマー系ナノコンポジット材料の研究・開発に関心を持っておられる方々にとっても必ず役立つものと信じている。

    株式会社AndTech

  • 『バイオプラスチックの素材・技術最前線』

    【刊行にあたって】 バイオプラスチックの最新の動向を概観し(総論),次いで個別素材の実用化動向の詳細を示した(第1編)。  数あるバイオプラスチックの中でも,コストとパフォーマンスにおいてもっとも技術開発が進展し,事業化・実用化が進んでいるのはポリ乳酸である。 2000年代初頭に至り,結晶化速度の飛躍的向上による耐熱性付与や成形加工性の向上,また耐加水分解性の改良による耐久性付与技術の開発などにより汎用プラスチックとしての可能性が見出され,様々な成形加工/製品分野で実用化が始まった。しかしながら,未だ未解決の課題もあり,第2編では主として企業の第一線でご活躍の技術者の方々に,ポリ乳酸の高性能化・高機能化に向けた技術開発の現状を,また第3編ではポリ乳酸の成形加工技術の最新の研究成果をご開示いただいた。各位のご期待に沿えれば幸いである。

    株式会社AndTech

  • 『高分子添加剤の基礎化学と材料設計 』

    【刊行にあたって】 本書の特徴は,「高分子添加剤」を「高分子添加剤化学」として認知してもらうために初めて試みた構成からなっている。特に第3章では,主要な6種類の添加剤について,各添加剤の実用状況とそれを支える基礎化学とを併記した。この両者をじっくり比較すると,基礎化学が不十分である分野,基礎化学が実用化に結びついていない分野がはっきりと認識でき,今後の研究の方向付けに役立つはずである。第3章を十分理解したうえで,第1章(添加剤と高分子材料の機能化・安定化),第2章(添加剤と高分子材料の問題と対策),第4章(高分子材料の拡がる用途と要求性能)を読んでもらうと,今までと違った視点で内容が理解でき,将来への道筋が見えてくると思われる。更に第5章は新規添加剤を開発するための研究姿勢と添加剤の簡易評価法を記述した。

    株式会社AndTech

  • 製品紹介イベント支援

    Tech-zoneでは御社の製品紹介イベント(展示会、セミナー、見学会等)をTech-zoneサイト内において掲載(有料:お手頃価格)いたします。  【有料セミナーはお申込み毎に貴社販売価格の 20~30%を販売手数料として頂戴致します】  【無料セミナーは1本にあたり21,000円のみ販売手数料として頂戴致します】 ※オプションのメルマガ広告との連動サービスもご利用いただけます。プロモーション効果が抜群です。

    株式会社AndTech

  • 『チタンの基礎・加工と最新応用技術』

    【刊行にあたって】 本書では,チタンおよびチタン合金の応用技術に焦点を当て,極めて広範な分野での最新の応用技術に関して豊富な記述がなされていることから,専門家はもちろんのこと,他分野の研究者や技術者の方々にとっても容易にチタンおよびチタン合金の応用分野および技術について知ることができると言えよう。また本書では,チタンおよびチタン合金の特性,組織,力学機能,製造,加工と熱処理等,また,基礎に関しても簡潔に記述されているので,チタンおよびチタン合金とは何かを知った上で,その応用と技術へ進むことができる利点がある。本書がチタンおよびチタン合金のさらなる需要と新展開へと繋がり,本文野に関わる研究者および技術者育成に役立つことを期待する次第である。

    株式会社AndTech

  • 『押出コーティング・ラミネーション加工技術とQ&A』 住友重機械モダン(株)工場見学会

    【講演趣旨】 押出コーテイング・ラミネーション技術は、溶融樹脂と基材材料との貼り合わせ技術である。その機械装置はどのように装備されて、どのような作業・加工が行 われているのだろうか。それらの機械構成とそれらから製造される製品を紹介し、具体的問題点を挙げ、その対策をやさしく解説する。また、実際の機械部を見 学することにより、さらに知見を高めて行く。   押出ラミネートをこれから学び、機械の構造をもう少し勉強したい方々、樹脂原料、インキ、接着剤、印刷・ラミ・二次加工現場、工務、生産技術、品質・ 工程管理および包装関連業界の方々に参加いただき、業務のお役に立てれば幸いです。

    株式会社AndTech

  • 主な自動機開発一覧

    メカトロジャパンでは電機、自動車、電子部品、医療等のカスタムメイドの自動機開発を700種以上手がけてきております。組立、プレス、加工、溶接、検査を取りいれた単体機、治具、半自動機から複合ライン、自動化ラインまで短期間で高品質の開発体制を整えています。 スイッチ全自動組立機 リレー組立ライン ポールピース溶接組立機 バンド自動溶接組立機 電気接点部品自動溶接機 自動印刷装置 基板プレス自動機 エンジンコードプラグ加締(カシメ)機 リレー部品フォーミングマシーン 全自動ピン圧入機 NC切断装置 ゴム貼付け機 プレス自動供給取出装置 ランプ自動検査機 X線透視画像処理検査機 フューズ形成装置

    株式会社メカトロジャパン

  • YAGレーザー溶接機LR-50

    高いロバスト性を実現した微細加工向けパルスYAGレーザー溶接機の50Wバージョン。 高融点材料(タングステン、モリブデン等)や高反射材料(銅、金、アルミ等)で他社製レーザではできなかった加工が実現できたケースが多数あります。 実験室利用、サンプル加工は無償で承っております。

    株式会社メカトロジャパン

  • ポリウレタンフォームの製法と規制・規格改正動向及び品質トラブル対策

    ★ポリウレタンフォームの入門から応用まで!★新しい規格の改正動向!関連法規制への対応!

    株式会社AndTech

  • 『プラズマ技術の基礎と材料表面処理への応用』

    ★現場で取り組んでおられる技術者、研究者の受講生に体系的知識、実践的知識を説明★ダイヤモンド薄膜、グラフェーン薄膜はどのようにして合成されるのか?

    株式会社AndTech

  • 『エポキシ樹脂・硬化物の分析技術の基礎と事例に学ぶトラブル対策』

    ★実際に実施しているエポキシ分析例を中心に解説!! ★樹脂硬化剤の分析法、硬化過程及び硬化物の分析法を1日で理解できます!

    株式会社AndTech

  • 『ブロー成形技術入門』

    ブロー成形ボトルは、現在液状食品や飲料のボトルとして多用されている。 特にPETボトルが急成長しており、高機能化技術の発展が顕著である。また、自動車部品などの工業用ブロー製品の分野でも進展が見られる。本セミナーでは、これらのブロー成形技術の基礎と各種高機能化技術の動向を述べる。

    株式会社AndTech

  • 『レーザ加工の基礎とプロセス技術上の留意点、トラブル対策』

    ★各種レーザの特徴と利用先および技術動向★先端分野で利用される各種レーザの加工事例 バッチシ解説★現場で起きるレーザートラブル(「コゲ」等)とその対策※8月16日までにお申込いただいた方は37,800円(要無料会員登録)

    株式会社AndTech

カテゴリ内でキーワード検索