製品詳細

超音波工業株式会社

超音波ワイヤボンダ

メーカーの製品情報サイトはこちら

アルミ線を常温で瞬時に接合する超音波。
超音波工業のハイクオリティなボンティング技術が次世代をリードします。

この企業の登録製品はこちら

超音波工業株式会社

【所在地】〒190-8522東京都立川市柏町1-6-1

【電話番号】042-537-1711 【FAX番号】042-536-8485

【URL】http://www.cho-onpa.co.jp

21世紀の高度情報化社会をリードする移動体通信、OA機器、デジタル家電などがさらにインテリジェント化していくうえで、必要不可欠な構成部品が半導体デバイスです。その製造後工程のアッセンブリ装置として、当社の超音波ワイヤボンダが重要な役割を果たしています。
世界に先駆けて110kHz、120kHzの超音波発振ユニットを採用し、高周波化することによって極めて短時間で、狭ピッチ、狭いパッドでもネックダメージの少ない高品位のボンディングを実現しています。

ロータリーヘッドボンダ
地球温暖化を緩和する先端技術として、多くの分野で注目を浴びているパワーデバイス。限りあるエネルギー資源を効率良く働かせるためのパワーデバイスはさらに高機能化され、インテリジェントパワーモジュールへと進化しています。多数のワイヤが複雑に配線されるため、当社の太線用ロータリーヘッドボンダは 110kHzの高周波化された超音波発生ユニットを搭載し、独自のロングツールにより、深場および壁際へのボンディングを可能にしました。
世界を視野に入れ、常に一歩先を見つめる超音波工業にご期待下さい。

【超音波ワイヤボンダ】
世界に先駆けて110kHz、120kHzの超音波発振ユニットを採用し、高周波化することによって極めて短時間で、狭ピッチ、狭いパッドでもネックダメージの少ない高品位のボンディングを実現しています。また、高周波の採用は太線ワイヤボンディングにおいて、チップダメージを大幅に軽減し、生産性の向上に寄与しています。

ターゲットワーク
TO-220、3P系など汎用ディスクリート製品及びマトリクス仕様ディスクリートフレーム
パワーデバイス・パワーモジュール用などの高密度フレームパッケージや異形フレーム、最先端パッケージ
18650電池配線


◆超音波ワイヤボンダ 製品ラインナップ
ロータリーヘッド型ボンダ REBO-9
高周波数化、小型化された超音波ユニット。
深場、狭小スペースのデバイスなどあらゆるパッケージに高精度なボンディング。
交換キットにより太線、中太線、細線、リボン、銅ワイヤーへの切り換え可能。
搬送機の組込みやFAライン化が容易。
>詳細はこちら
ロータリーヘッド型ツィンヘッドボンダ REBO-9T
TO-220、3P系など汎用ディスクリート製品だけでなくマトリクス仕様ディスクリートフレーム、パワーデバイス・パワーモジュール用などの高密度フレームパッケージや異形フレーム、最先端パッケージに対応。
2ヘッド一体型による省スペース化を実現。
新型発振器(デジタル制御)搭載。1台の発振器でラインナップ全ての発振周波数に対応。
多点同時認識機能搭載。
>詳細はこちら

◆超音波工業の製品ラインナップ
【超音波ワイヤボンダ】
ロータリーヘッド型ボンダ REBO-9
ロータリーヘッド型ツィンヘッドボンダ REBO-9T
【超音波金属接合機】
全自動メタルボンダ REBO-Metal-S
スポット金属接合機 G6シリーズ
ミニメタルボンダ Metal-80

この製品をご覧の方はこんな製品も見ています